字が上手で出来る仕事|nlpの協会で生きる為に必要なスキルを身に付けられる

nlpの協会で生きる為に必要なスキルを身に付けられる

勉強道具

字が上手で出来る仕事

筆と墨

習字の先生との違い

書道家と言う職業、決して決まりがあるものではなく、国家資格もいるものではありません。自身が、書道家ですと名乗った瞬間から、その職業に就いたと言っても良いのでしょう。ですが、そこには少なくとも実績が伴うことが、必要になって来ます。実際に字を書いてもらったら、幼稚園児が書いたような字では、誰も認めてはくれませんし、仕事も回ってくることはないでしょう。一般的に、この職業に就けると考えられる人には、書道教室の先生であるとか、商業書道家、もしくは芸術で書道を行なっている人となります。学校での書道専門の先生であれば、問題ないのでしょうが、国語が専門で書道を教える先生では、実力が伴うことが条件になるのでしょう。

芸術的な仕事も

書道家として生計を立てるには、書道教室を開くことになると考えられます。この時免許や資格がない先生となると、父兄さんなどから信用されないことになりかねません。やはり流派としての師範として認められていることが、先生としての信用度を上げることになるはずです。また、違った形で活躍することになるのが、芸術的な書道家です。芸術系の流派に属し、その教えを学ぶことで、流派の技術を受け継ぐ人などになります。個展とか芸術祭への出展で、収益を上げることになります。そのため、人に字を教えるのではなく、個人の技術を磨くことで、生涯の姿を作り出すことになるのでしょう。但し、流派を引き継ぐことも大事なことになり、弟子を持つことになる可能性もあります。